女性社員紹介

アイシン高丘で働く女性社員の座談会

女性の働く場が増えてきていることを機に、働く環境にも関心が高まってきている。
そこで今回は、アイシン高丘で働く魅力について、先輩女性社員に語っていただいた。

  • 本社工場 工務部 工場管理T 髙野 幸(2010年入社)
  • 総務部 総務T 岩田 恵(2009年入社)
髙野:
岩田さんのお子さんと私の子供と同い年でしたよね。
岩田:
同じ2歳だね。復帰時期が一緒なので本当に心強い仲間の一人だよ。髙野さんは、妊娠した時に、会社を辞めようとか考えた?
髙野:
全然、辞める気なかったですよ。働くママが多いから産休・育休を取得してまた戻ってくるのが当たり前だと思っていましたしね。ただ復帰後は、「仕事」と「家庭」の両立ができるかは心配でしたね…。
岩田:
そうだね。どうしてもネガティブに考えてしまうこともあるよね。私も、復帰してから周りの後輩社員に「両立ってできるものですか?」って相談される。みんな復帰後を心配するけど、育児休暇は子供が2歳になるまで利用できるし、“短時間勤務制度”や“あんしん休暇”など、アイシン高丘は制度が充実してると思う。
髙野:
会社の制度には感謝です。私は、職場の方が気遣ってくれるおかげで残業は一切ありません。だから、普段は短時間勤務制度を利用してないのですが、子供を病院に連れて行かなくてはいけないときなどには制度を利用しています。自身のスタイルに合わせて取得できるのは良いですよね。
岩田:
私は、フレックスタイムが使える職場だから、フレックスタイムを使用し保育園のお迎え時間に間に合うように仕事を調整している。その人にあった、ベストなスタイルを確立できれば、仕事も家庭も両立できるはず。
髙野:
子供が小さいとすぐに体調を崩しがちになるので、早退せざるをえないことが発生します。今、私が抱えている仕事内容を明確化しリスト化し共有することで、私が早退しても、迷惑をかけないよう最大限の努力をしています。また、職場のみんなも嫌な顔ひとつせずそれを引き受けてくれました。制度や周囲の気遣いに甘えないように、仕事が上手く進むように努力するのは自分自身。自身の行動一つかなと思うところもありますね。
岩田:
自分のやるべき仕事をいかに不備なく遂行していくかを常に考えるようになったね。時間内でいかにやり切るかも含め、仕事の仕方を見直す良いきっかけにもなったと思う。
髙野:
岩田さんは、復帰後は総務に異動されましたよね?
岩田:
復帰前は会社のコンプライアンスを担当していて、全くの畑違いで…。最初は戸惑うことも多かったけど、仕事量は上司が配慮してくれたから助かったかな。ただ、全く違った知識が必要になるから、自分で勉強したり、上司や他部署の方に知識を乞うことも多かったよ。限られた時間の中で大変なこともあったけど、知識や人脈を広げることもできたし、私にとってはプラスだった。それに、自分の取り組みをきちんと上司をはじめ周囲の方が見てくれて認めてくれたからこそ、責任ある仕事も任せてもらえているし。よりやる気が出てきたかな。子供がいるからと言ってないがしろにすることなく、私にしかできない仕事を任せてもらえる充実感があると思う。総務部には採用や労務管理など、他の仕事もたくさんあるので、これからも色々な分野にチャレンジしたいと思っているよ。
髙野:
私は復帰後も同じ部署でしたけど、残業できない分、今までやっていた仕事の一部を他の人とシェアしてもらい、今までの経験を活かして計画・立案を行う企画業務についています。今までよりも、更に知識は必要になりますが、上司がステップアップの道標を作ってくれる。復帰後に活躍すれば上も目指せる。それがアイシン高丘だと思います。だからこそ、私はもっと啓蒙していきたい。今後は、女性社員も出産後もバリバリと働くことができる、そんな理想的な環境づくりにすこしでも貢献していきたいと思います。そのためにも、私は工場管理のチームリーダーを目指して突き進みたいですね。
岩田:
たしかにアイシン高丘は、女性が心配しがちな結婚や出産や育児など、仕事と家庭を両立していくための制度が整っていて、それを実際に使える。それに、周囲もそれが当たり前だと思ってくれているから配慮もしてくれる。ただ、それに甘えることなく、自分の努力次第でキャリアを形成できるのが、アイシン高丘かもしれないね。