ダイバーシティ

働きたい。その思いを、みんなで分かちあう。

毎日、いきいきと働きたい。その思いに、性別や年齢、国籍は関係ない。
アイシン高丘では、ダイバーシティにおける取り組みを積極的に進めている。

制度

出産・育児に関する制度

女性だけでなく男性も安心して子育てができる環境を目指し、当社では出産や育児に関するさまざまな制度を設けています。出産直後のサポートを目的とした制度だけでなく、ご子息が小学3年生になるまでは、短時間の勤務を可能とする制度や、ご家族の怪我や病気により介護が必要となった際に、従来の有給休暇とは別で休める制度を用意するなど、従業員が長期に亘り安心して子育てが出来る環境を整えています。

制度例

  • 出産育児一時金
  • 出産手当金
  • 産前・産後休暇
  • 育児休業制度
  • 短時間勤務制度
  • あんしん休暇制度

再雇用制度

定年退職後、最大65歳まで再雇用を行う制度を設けています。働く意欲がある方がより長く仕事が出来るということだけでなく、それぞれの分野で培った知識や技術の後進への伝承にも貢献しています。

取り組み

海外関係会社エンジニアの交流

当社では、グローバル生産体制のレベル向上を目指し、海外関係会社に本社からスタッフを派遣し、エンジニアの支援・指導を行ってきました。近年では、海外関係会社のエンジニアにより多く学んでもらうために、海外関係会社で仕事をするエンジニアを日本に招いて本社の部署に配属し、実際の業務を通じた育成も行っています。海外関係会社のスタッフとしては、日本の最先端の技術や仕事の進め方を学べる一方で、本社スタッフにとっても日本にいながら異文化で育った仲間と一緒に仕事が出来る絶好の機会にもなっています。

海外関係会社の製造技能要員・監督者の国内での育成

グローバルで同品質の製品をお客さまへ提供することを目的に、当社では海外拠点の製造技能要員や監督者の日本国内での育成を行っています。新たな生産拠点をグローバルで設立した際には、現地で採用した従業員に長期で本社に滞在してもらい、本社でのものづくりを実際の現場で体感してもらいながら育成します。また、設立後数十年経過する海外関係会社であっても、定期的に製造技能要員や監督者を本社へ招き、教育を行っています。本取組により、海外拠点の従業員が学ぶだけでなく、国籍や使用する言語が異なる仲間に分かりやすく教育するためのさまざまな工夫を通じて、本社の従業員の成長にも繋がっています。

ハンディキャップがある方の
働きやすい職場の実現

当社では、全ての従業員にとって働きやすい職場を目指し、バリアフリーや職場への理解活動などを行っています。自動ドア化や職場に近い駐車場の手配、電子メモパッドを活用した筆記でのコミュニケーションなど、個々人の状態を踏まえた環境づくりを行っています。